Wi-Fiと光回線はどっちが良いのか

インターネットの環境を整える際にはWi-Fiや光回線といった用語を目にする機会が多いでしょう。これらの意味を正確に理解していない方はたくさんいます。なんとなくインターネットを利用するために必要なものであると理解している方は多いでしょうが、実際にどのような違いがあるのか説明をすることができる人はなかなかいません。これでは、Wi-Fiや光回線を検討する際に困ってしまいます。

そこでこちらではインターネットを利用する際に重要なWi-Fiや光回線について解説しましょう。これらが一体どのようなものなのかを教えます。違いを理解することによって、これらのサービスの利用を検討する際に役立つでしょう。基本的な点から分かりやすく解説するため、専門的なことを知らないという方でもすぐに理解できるはずです。ぜひとも参考にしてください。これらは実はまったく別のものなのです。

光回線は高速通信ができる

光回線というのは光ファイバーケーブルを用いてネット通信を行うもののことです。光回線というのは高速のネット通信を可能にしてくれます。光というのはこの世の中で最も速いものであり、それをケーブル内で効率よく伝達するための技術が用いられているのです。現在、インターネット回線の中でも光回線が最も速いものといえるでしょう。また、安定性が高いという特徴もあるため、満足できるでしょう。

基地局から光ファイバーケーブルが伸びており、それが各家庭にまで引き込まれます。その際には工事をする必要があります。それほど難しいものではないのですが、場合によっては壁に穴を開ける必要があるケースもあります。一戸建てやマンション、オフィスなどあらゆる場所でネット回線として光回線は用いられています。光回線を提供している業者は複数あります。利用したいならば、それぞれのサービスの内容を比較しましょう。

Wi-Fiは無線LANのこと

光回線はネット回線そのものを指しているのですが、Wi-Fiはネット回線ではありません。これは無線LANのことです。普通、家庭内に引き込まれるネット回線はケーブルを用いています。これがモデムに接続されて、さらにLANケーブルによってパソコンに接続されるのです。Wi-Fiの場合はモデムとルータを接続することによって利用することができます。Wi-Fiのルータからは電波を出すことができて、この電波をそれぞれの端末が受信することによってネットに接続できるようになります。

したがって、光回線をWi-Fiを用いることによって無線LANとして活用することもできるのです。Wi-Fiと光回線を組み合わせることによって、高速なネット通信を無線LANを用いて利用できるようになるのです。無線LANは速度がどうしても遅くなってしまうのですが、元の回線が光回線であればかなり高速で安定したネット通信を実現できるでしょう。また、Wi-Fiによって同時に複数の端末でネット接続ができるようになります。さらにプリンターやゲーム機などもWi-Fiと接続することができます。これによって、さらには幅広い活用の仕方が生まれます。

モバイルWi-Fiというサービス

Wi-Fiの1種としてモバイルWi-Fiというものがあります。こちらもルータを用いて無線LANによってインターネット接続ができるのは同じです。ただし、元の回線となるネット接続のサービスを提供している業者は、基地局から電波を出してくれます。これをルータが受信して、さらに電波を発して、それをスマホやモバイルパソコンなどで受信してネットに接続できるという仕組みとなっています。したがって、携帯電話でネットに接続できるサービスと似ています。

モバイルWi-Fiは業者がネット接続サービスとルータの提供をしてくれます。こちらはエリア内であればどこでも気軽にネットに接続できるのが特徴となっています。ただし、速度については家庭内で利用する有線によるネット接続よりもどうしても遅くなってしまいます。また、安定性も悪いです。場所によってはなかなか電波を受信できないこともあります。しかし、基本的には実用に耐えるサービスとなっており、同じサービスで自宅でも外でもネット接続が可能になります。

それぞれのメリットとデメリット

セキュリティWi-Fiや光回線にはメリットやデメリットがあります。まずWi-Fiはセキュリティの問題があります。電波は家の外にまで届いてしまうからです。最新のWi-Fiルータを用いることによって、このような問題を解決できるでしょう。Wi-Fiを使うことによって、たとえば家族みんなが同じネット回線を利用できるというメリットがあります。それぞれの自室でネット接続することができるのです。有線の場合には、ケーブルの長さや本数が限られているため、家のどこでもネット接続するというわけにはいかないのです。

光回線については高速なネット通信ができるというメリットがあるのですが、料金が比較的高いというデメリットがあります。ただし、業者によっては安い料金で提供してくれるところもあります。また、工事をしてもらう必要があるため、導入するまでに時間がかかってしまうでしょう。時期によっては工事になかなか対応してもらえないこともあるのです。

まとめ

Wi-Fiと光回線にどのような違いがあるのかを説明してきました。Wi-Fiというのはネット回線のことではないです。こちらは無線LANを実現するための仕組みそのものであり、技術のことです。一方、光回線というのは光ファイバーを用いたネット接続のサービスのことです。そのため、光回線を導入して、さらにそれをWi-Fiを用いて無線LANとして使うということが可能となります。また、モバイルWi-Fiというサービスもあります。こちらは無線LANでネット接続ができるサービスのことです。小型のWi-Fiルータを持ち歩いて、どこでもネットに接続できるでしょう。

インターネットの環境を整えたいならば、Wi-Fiや光回線についての違いを理解しておきましょう。上記で説明してきたことを理解していれば、Wi-Fiと光回線の違いについてもう悩むことはないでしょう。それぞれにとって最適なサービスを利用して、快適にインターネットを利用しましょう。光回線とWi-Fiの両方共に活用することによって、とても便利な環境を整えることができます。実際にどちらとも利用している方は多いのです。